« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の18件の記事

やっと出た!!!

4月4日にエダマメの「濃姫」をまいたんだけど、

なんとまた全滅でした。

「濃姫」の種まきの様子はこちら

絶対におかしいと思ったので調べると、ダイズの種は30℃の温度では1年間保管できないことが分かりました。まぁ、大きな豆は大体そうみたいですが。

逆にマイナス10℃だと6年くらい発芽率が90%台ってのは驚きです。

沖縄じゃあ夏場は室内30℃越えても当たり前だし、メーカーからすぐ取り寄せたものじゃないとダメだな~って感じです。たぶん購入した種は全部店で夏の暑い時期を乗り越えたものなんだろうなっ!   って乗り越えてないけど。

ちょうど北海道の名寄農場から昨年収穫した自然農法のダイズを種として取り寄せていたので、4月20日の若者自立塾の体験入塾の受け入れのときに、その種をまいてもらいました。

ついでに発芽試験もすることにしました。この間も「畑の土が悪かったんじゃない」とも言われてたんで、本当に種が原因だったのか調べるため、同じ条件になるように、セルトレイにバーミキュライト(無菌です)を入れたものに、「早生白鳥」、「濃姫」、「名寄農場のダイズ」をそれぞれ10粒ずつまきました。

結果は分かりきったことですが、「名寄農場のダイズ」は発芽率100%、他の2品種は発芽率0%でした。やっぱり種だった。

というわけで、3度目の正直。

20日に種をまいたダイズ君たちは元気に発芽しました。

Dvc00064

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おまけ

Dvc00130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・自農研リポートpart4

最終日は朝5時半起きで箱根の農産物販売へ。

いろんなところから集まった農家さんや

スタッフと一緒にたくさん販売しました。

Dvc00143

Dvc00146

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自農研リポートpart4

最終回の自農研リポートです。

今回は、函南の農家さんのところに援農に行ったことが話題です。

函南のちょっと山の中に入ったところに畑がありました。

さて、作業はというと、サトイモの植え付けでした。

もちろんみんな初めての経験。

農家さんに教えてもらいながら植えました。

まぁ、私たち受け入れスタッフは春キャベツの除草でしたが...。

瑞泉郷では草生栽培をやっているので

除草作業ってすっごい久々な感じがしましたよ!

Dvc00125

サトイモの種を溝の中に置いているところです。

種と言ってもイモですが。

芽が少し出ているので、それを上に向けて置いていきました。

Dvc00129

Dvc00133

置き終わったら、その上に積んでいた草を種の上に被せました。

それが終わると盛り上がっている土をイモの上に被せておしまいです。

Dvc00136

最後に農家さんを囲んで懇談です。

なんでこの研修に参加したのか?

将来の職業は何を目指しているのか?

などを質問され、学生たちはそれぞれの思いを語っていました。

農家さんが環境問題という事を農業の面から改善していきたい

という熱い思いを聞いて、みんな真剣に自然農法のこと、

環境のこと、地球のことを考えていました。

ホント、この研修は学生育成にはいいですね!

夏には長野の阿南農場に援農に行くようです。

高校生から大学生で自然農法に興味があり

できるだけ継続して参加が出来る人が対象なので

多くの人に参加して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ紹介!

私のお気に入りに、ホンモノの食を求めて自然に癒されるから成長するんだ!が新しく追加されました。

リンクの紹介テキストも表示するようにしたので、どんなブログか分かるよね!

チェックしてコメントも書いてねー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好評!野菜市

_054

朝どり野菜市は、

農家さんから新鮮な野菜などを直接仕入れるので

安くて安全、新鮮で美味しいです。

農家さんもお客さんの喜ぶ顔が見れるので

「もっといいものをつくるぞ!」とやる気になっています。

今、社会は「食育」で盛り上がっているので

こういったものを集めて紹介する

「ホンモノの食を求めて」というブログを新たにスタートしました。

というわけで、

朝市の詳しい内容など掲載してありますので見てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元気に育ってます!

Dvc00060

以前紹介したゴーヤーです。

病気にも負けずにこんなに大きくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

草生栽培実施中

Photo

委員長のリクエストで畑に立てる草生栽培の看板を作りました。

畑を実際に見た人が「さぼっているな」と勘違いしないように!

ちなみに、この写真はトマトハウスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘゴの庭

Dvc00056_1

遊歩道の入り口にある「ヘゴの庭」の水辺に咲いているオクラレルカ。

ヘゴにくくりつけているランも咲いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮の花

Dvc00057

水田の隣にある蓮池で年中咲いている花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植え後。

Dvc00055_1

Dvc00034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイートコーン

Dvc00037

ハウスの中で初めて作ったのでどうなるか心配だったけど

順調に育っています。ちょっと背丈は低いけど...。

Dvc00053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫体験のニンジン

Dvc00054_1

もうすぐ収穫体験です。だいぶ大きくなりましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自農研リポートpart3

そういえばこの研修、正式名称は

全国学生自然農法研究会というそうです。

初めて知った...。

今回は、MOA美術館の拝観の様子を報告します。

ちょうど熱海のMOA美術館は

桜が満開で、天気も快晴だったので

撮影にはもってこいでした。

まぁ、美術館の中は撮影できませんが...。

Dvc00115

「ムア広場」から撮影しました。

初島、大島がはっきり見えます。

眼下の桜が満開でとてもきれいです。

Dvc00117

本州の桜は花びらが散るのでいいですね!

沖縄の桜は花がボテッて落ちてしまうので

桜吹雪は見られません。

Dvc00116

MOA美術館もとてもきれいです。

MOA美術館では「近代日本画と工芸」

ということで展示を行っていました。

今回は職員の方に案内していただき

作者が何を感じて作品であらわそうとしたのかを

感じ取って鑑賞すると、これまでと違った

美術品の楽しみ方ができることなどを教えていただきました。

Dvc00119

私も近代日本画では栖鳳と大観が好きで

熱海にいたころはよく通っていました。

とくに栖鳳の「翠竹野雀」は大好きで

今回も展示されていました。

1時間半ほど美術品の説明をして

いただきながら鑑賞しました。

お昼は美術館内の「レストラン桃山」で。

みんなで「ひりゅうず定食」をいただきました。

ヘルシーで美味しかったです。

MOA美術館のHPはこちら。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自農研リポートpart2

前回の自農研リポートの2日目の様子を紹介します。

2日目は畜産体験とMOA美術館拝観、

そして援農(近隣の農家さんのお手伝い)

という日程でした。

畜産体験の内容は牛にエサをやり

乳牛の搾乳(乳しぼり)、卵集めでした。

毎日牛や鶏などの世話をしている職員は

朝5時半から仕事を始めるということで

私たちも朝5時起床でした。

このときの朝は非常に空気が冷たく

霜も降りていました。

長靴を通して伝わってくる冷気で

足の指が痛くなります。

そんな中、まずはじめに牛のエサやりです。

これから乳搾りを体験する乳牛さんと

昨日の焼肉でいただいた肉牛さんのエサやりです。

なんか命のつながりを感じますね!

牛は美食化らしく、自分の唾液のついたワラは

食べないそうなので、まずはじめに残っている

ワラを片付けました。

その後、ワラをほぐしてあげます。

Dvc00074

でもワラよりもトウモロコシ等の穀類が

好きなので、それも与えます。

Dvc00078

次は牛の乳搾りです。

といっても今は機械で搾乳します。

手順は、はじめに乳をきれいに拭いて

最初の牛乳は雑菌が多いので

それを出すために手で乳搾りをしました。

あとは機械を取り付けます。

Dvc00083

足で蹴られることがあるので

気をつけて!!

と言われたので

みんなちょっとビクビクしながらの体験でした。

Dvc00086

この後、後ろに見える機械を

牛の乳房につけます。

一回で約20ℓも牛乳が搾れるそうです。

すごいですね!

次は卵集め。

二手に分かれて、私はN姉弟グループについたので

A君、S君の写真はありません。m(_ _)m

Dvc00104

Dvc00105

鶏をそっと持ち上げて卵を拾うのですが

つつかれるのが怖くて手こずっておりましたら

隣のグループはアッという間に終わってしまい

撮影の機会を逃してしまいました。

このときは気温が低かったので

卵を産むのが遅くなり

ちょうど卵を産むところを

3回くらい見ることができました。


命をいただいているんだなぁ~と

実感しました。

この卵、2パックいただいて

援農先の畑でゆで卵にして食べました。

とっても美味しかったです!!

塩もつけずに食べてしまいました。

その他にも、牧場では

ウサギと触れ合ったり

朝搾った牛乳をいただいたり

ダチョウの卵を触ったり

アヒルやガチョウ、ミニブタを見たりと

盛りだくさんの内容でした。

Dvc00108

ウサギにキャベツの葉をあげました。

ここにも赤い服のMが...。

うちの農場にも動物ふれあいの場が欲しいですね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自農研リポート

リクエストがあったので

自農研リポートをしていきたいと思います。

ただ内容が多いので

分割して報告していきます。

この研修の目玉はなんといっても


旅費が半額出る
という事!!

ではなくて、



自然農法の土に触れ

作物作りを自ら体験し

今回新たに加わった畜産体験で

命をいただいている事を実感し

近隣の農家さんの援農では

自然農法にかける思いを聞き

箱根の農産物販売では

実際に作物を販売する体験

など盛り沢山でした。

もちろん農業以外にも



牧場で動物と触れ合ったり

焼肉で大仁牛をいただいたり

MOA美術館では職員から

美術品の楽しみ方を習ったり

温泉に入ったりと沢山楽しみもありました。

毎回、自然農法に興味のある

高大生を中心に呼びかけていたようですが

今回は全国学生研修?と重なっていて

なんと、


参加者6人中
4人が沖縄からの参加
となりました。

Hさんの自農研に対する意識の高さが伺えます。

なんか話が長くなってきたので

研修の内容に入ります。

初日は寒気の影響で

滅茶苦茶な寒さでした。

沖縄から参加した4人は

23℃の地から来たということもあり



ナメテマシタネ!!この寒さ。

お日様は出ているのですが

風が強くて研修どころではありませんでした。

落ち葉だけで作った堆肥や

お茶畑で1.5mまで棒が入っていく体験などをしましたが

やっぱり寒かったです。

Dvc00059

今回の撮影はデジカメを忘れたので

携帯電話のカメラで撮ったものです。

この赤い服の人は撮影妨害のスペシャリストです。

Dvc00062

ここでもかぶってます。

ホントに1.5mも棒がスッと入っていきました。

このあとニンジン、ジャガイモ、コマツナの

種まきをしましたが、みんな寒いなか頑張っていました。

Dvc00066

Dvc00067

Dvc00070

写真は沖縄の学生の記録写真だったので

おんなじ人しか写ってないですねf(^^;





この日の夜は焼肉でした。

しかも大仁牛を食べることが出来ました。

途中、焼きそばづくり対決??があったり

ジャガイモ創作料理???があったりと

楽しみながらたらふく食事をする事が出来ました。

ビールがなかったのは残念でしたが...。

次の日は畜産体験という事で5時起床でした。

この話は次回という事で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朝どり野菜市開催!

本日、午後3時から6時まで

朝どり野菜市が開催されます。



地産地消運動ということで

毎月第1、第3火曜日

普及会や家庭菜園の認定を受けている

農産物を集めて

「安心、安全でおいしい野菜」

という内容の夕市です。



朝どり野菜市と書いてあると

なんとなく朝市と思ってしまうのですが

夕市ですので間違えないように!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

残念ながら全滅でした!

3月15日にまいたエダマメ「早生白鳥」は

まったく芽が出ませんでした。

プランターにまいたものも発芽せず

何箇所かほじくって確認して見ると

全部腐れていました。






発芽しなかったことは種苗店に伝えたら

「早生白鳥」は別のところからも

発芽しなかったと苦情があったようです。

もちろん販売元のタキイ種苗には連絡済です。

現在ロットナンバーを調べ、原因確認中です。






というわけで

今度注文した黒ダイズの

「濃姫」1リットルはただでゲットしてきました。

ほんとにただかな?後で請求されるかなf(^^;






どこで作られているのかと思って

採取場所を確認したら北海道だったので

そこにある名寄農場から

自然農法産のダイズを購入して

半分はそれをまくことにしました。





今度はちゃんと発芽しますように!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »