« エダマメも順調ですよ! | トップページ | 野菜市は寒かった!!! »

第3回自然米コンクールの審査結果

昨年11月に出品した農場のお米の結果が送られてきました。

今回は152点の応募があったそうです。

1次審査は、ニレコの近赤外食味計(90点満点)で行ったようですが

私たちのお米は66~69点の範囲でした。

順位的には141~144位ということになりました。

昨年よりは順位が上がってきていますが

やはり東北のお米にはかないません(汗



第1回に出品したときは、チヨニシキという品種を

自然農法で長年作られていた農家からモミを分けてもらい

栽培をスタートしていたので、

沖縄の気候に適合していたのか

ニレコの食味計で72点でした。



味だけだと東北のお米にかなわないし、

自然農法米は味だけでなく、自然農法にかける情熱や

生命力に満ちているという点も評価対象に加えたほうがよい

という意見もあり、第2回から胚芽活性度の調査も加えられています。


胚芽活性度とは?

最近、発芽玄米などというものが出回っていますが

胚というのは将来の芽や根になる部分のことです。

胚芽活性度とは、その胚が生きているか死んでいるかを表す指標です。

つまり、胚芽活性度が100の場合、すべての種が生きていて

水を与えるとすべて発芽するという意味です。



農場の胚芽活性度は88%でした。

ん~、ちょっと低いかなぁ~。

まぁ、順位的には36~53位の中にあるといったところです。



今年のコンクールは「台中65号」で望むので

少し期待できそうです。

|

« エダマメも順調ですよ! | トップページ | 野菜市は寒かった!!! »

水稲栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56268/5969511

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回自然米コンクールの審査結果:

» お米の種類〜全国のお米の種類と情報〜 [お米の種類〜全国のお米の種類と情報〜]
日本人ならやっぱりお米ですよね。 でも毎日食べるお米について私達が知ってることって少ないと思いませんか? 食の安全が盛んに叫ばれる中でお米についての最低限のことは知っておきましょう。 では、まずお米の種類から知っていきましょう。 [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 22時54分

« エダマメも順調ですよ! | トップページ | 野菜市は寒かった!!! »