« 少量多品目区のコンパニオンプランツの様子 | トップページ | ジャガイモの畑 »

ハウスの柱が立っていたところ

090105daizunojunnbi

ダイズの播種準備のため畑を耕しました。

ちょうど中央よりやや上にパイプが2本立っていますが

この位置がハウスの柱があったところです。

写真では分かりにくいですが

その部分の土の色が明るくなっています。

腐植の量が違うからでしょう。

何も入っていないところが土の力が強いとは言っても

やはり土がある程度やわらかくなるくらいの

腐植(土づくり)は必要ということですね(*^-^)

無肥料での土づくりの参考になると思うので

何年で同じようになるか観察したいと思います。











☆有機農業普及会のお知らせ

有機農業の栽培技術や有機農産物に関する情報交換、勉強会などを行いながら、沖縄県における有機農業の生産者、消費者、流通者等のネットワークを拡大していきたいと考えており、入会していただいた方々に会員証を発行し案内を行なっていく予定です。

入会についてのお問い合わせは、

沖縄県有機農業普及会事務局(大宜味村字大保326-245 電話0980-43-2641、

E-mail:agena-zui@kjf.biglobe.ne.jp)事務局:安慶名

※ただいま会員を募集中です。興味のある方は「有機農業普及会入会について.pdfをダウンロード してご覧下さい。

|

« 少量多品目区のコンパニオンプランツの様子 | トップページ | ジャガイモの畑 »

無肥料栽培」カテゴリの記事

発酵肥料・用土・土づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 少量多品目区のコンパニオンプランツの様子 | トップページ | ジャガイモの畑 »