« 水田の主!!! | トップページ | 7月1日はあんしん野菜市! »

もう一か所で行われている育種試験の様子

090618takakoga

090618takakoga2

090618takakoga3

090618janbotanisi

名護市の喜瀬で行われている

タカコガ(タカナリ×こがねもち)の育種試験です。

こちらは代々続く水田なので

土も農場とは違い

完全に水田の土ですね。

ジャンボタニシが生息していて

苗が小さいうちは食べられてしまうので

水管理が大変だそうです。

水が濁っているのは

タニシが動いているからなのかな!?

これなら雑草は生えにくいですね。

タニシは大きくなったイネを食べないので

雑草を食べてくれるから

農場に持っていこうかとも考えましたが

大宜味の生態系を変えるかもしれないと

躊躇しています。(゚ー゚;

喜瀬で専業農家の方から

タニシの退治方法を以前教わりました。

塩を水田にまいて

塩分濃度を上げると死んでしまうそうです。

そのあと水を入れて1回流せば

稲には影響ないそうです。

農家の知恵ですね!

|

« 水田の主!!! | トップページ | 7月1日はあんしん野菜市! »

水稲栽培」カテゴリの記事

育種試験」カテゴリの記事

試験栽培・共同研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水田の主!!! | トップページ | 7月1日はあんしん野菜市! »