« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の16件の記事

ミニトマトの様子

091214minitomato 

091214minitomato2 

091214minitomato3 

ミニトマトはかなり豊作です。

本当に今回は良く実をつけています。

こんなに房が長くなるとは思っていなかったので

誘引位置が低くて地面についてしまうという

ちょっと嬉しい誤算が発生しています。

静岡の方では、10a当たり10t以上収穫するそうなので

この身の付き方をみると納得といった感じです。

イエローの方は少し生育が弱いので

赤の方がいいですね。

| | コメント (0)

トマトの様子

091214tomato 

トマトは現在うどんこ病が発生しています。

あと斑点病が少しあります。

091214tomatoudonkobyou 

農薬が使えないので、海水を4倍に薄めて散布しています。

菌を殺すことはできないのですが

海水に含まれるミネラル分が葉を強くしてくれるので

結果的に病気に侵されにくくなるのではと考えています。

もっといい方法もあると思うのですが

いろいろ資材を多用するのも好きではないので

今のところ海水だけです。

現在仕込んでいる木酢とニンニク、鷹の爪の忌避剤が

完成したら試しに散布してみようかなぁ~とも考えていますが

あれはダイズのカメムシ対策で作っているものなので

うどんこ病に効果があるかは分かりません。

硫黄に弱いので、温泉があるところだったら

それを散布すると効くかもしれないですね。

091214tomato2 

| | コメント (0)

有機農業研修者会議に参加

今月の17日と18日に茨城県で

有機農業研究者会議があり、私も勉強のため参加してきました。

091217yuukinougyoukenkyuushakaigi

波大学の近くの研修センターで行われ

行政の研究機関の方々が多く、ちょっと場違いな感じもしましたが

とても良い勉強ができました。

まだまだマイナーな有機農業の世界ですが

多くの方々の努力で今があることをつくづく感じました。

食に関心があり、安心安全なものが健康に良いと分かっていても

購入するときはやっぱり値段の安い方に手が伸びてしまう

消費者が約50%いるそうですが

その人たちの意識を向上させることで、

有機農業はもっと広がっていくんだろうなと感じました。

「戦前はみな有機農業だったんだ」とある方が言ってましたが

確かにそうです。

だからといって昔に全く戻すのではなく

科学の力で、先人の知恵を科学的に解明し、

再現性と不変性をより高め、

有機農業を普及させていくのが

今回の会議に参加されている研究者だそうです。

続きを読む "有機農業研修者会議に参加"

| | コメント (0)

有機農業普及会勉強会in大宜味農場

12日に大宜味農場で沖縄県有機農業普及会の勉強会を開催しました。

有機農業技術会議の木嶋先生を招いて

圃場視察研修を行い、その後、多目的ホールで

活発な意見交換会を行いました。

その時の様子を紹介します。

続きを読む "有機農業普及会勉強会in大宜味農場"

| | コメント (0)

有機農業の勉強会1

今月の10日から12日まで有機農業技術会議の

西村代表と木嶋副代表が来沖されたので

10日に南部の有機農業実施者の圃場見学

11日は琉球大学の有機農業のシンポジウム

12日は沖縄県有機農業普及会の勉強会を

大宜味農場で行いました。

で、その時に撮影した南部の農家さんを紹介したいと思います。

続きを読む "有機農業の勉強会1"

| | コメント (0)

まつりの様子3.琉球舞踊公演

秋の瑞泉郷まつりは収穫体験と

琉球舞踊公演をメインにしています。

毎回「照屋倫子琉舞道場」の方々に踊っていただいています。

今回はご厚意で無料公演となり、多くの方が入場されました。

091129zuisenkyoumaturiryuubu

091129zuisenkyoumaturiryuubu2

091129zuisenkyoumaturiryuubu3

| | コメント (0)

まつりの様子2.ヒマワリ迷路と収穫体験

091129zuisenkyoumaturi

今回のまつりは天気にも恵まれ、多くの方に

足を運んでいただきました。

800人以上はいたかなo(*^▽^*)o

091129zuisenkyoumaturihimawarimeiro 

ヒマワリ迷路ですが、残念ながら開花が間に合わず

3分咲きといった状態でした。

091129zuisenkyoumaturihimawarimei_2 

というわけで、クリアした方にはヒマワリの種を

少しですが配ることにしました。

これは今年の春に収穫したヒマワリの種です。

091129zuisenkyoumaturihimawarimei_3 

MOAの学生たちにゴールにスタンバイしていただいて

種を配っていただきました。

ちなみに中央に移っているのは学生ではありません。

悪しからず。。。

091129zuisenkyoumaturishuukakutaike 

サツマイモの収穫体験も大変にぎわいました。

とくに今回は私たちの農場で選抜した

サツマイモの収穫体験ということで

14系統のサツマイモの中から選んで掘って行く人もいました。

なんと13時30分にはすべて掘り終えてしまいましたw(゚o゚)w

来年はもっと増やさないといけないですね!

続きを読む "まつりの様子2.ヒマワリ迷路と収穫体験"

| | コメント (0)

秋の瑞泉郷まつりの様子

しばらく更新が滞っておりました。

もうしわけありません。

約1ヶ月前になりますが

11月29日に行われた瑞泉郷まつりの様子から

お届けします。

091129zuisenkyoumaturiopenseremoni 

091129zuisenkyoumaturiopenseremoni2 

11時のオープンセレモニーでは

沖縄事業団専務理事やおおぎみまるごとツーリズムの

会長さんの挨拶の後、太鼓の演奏を披露していただき

盛り上げていただきました。

続きを読む "秋の瑞泉郷まつりの様子"

| | コメント (0)

牛乳パック栽培第2弾

091204pakkusaibaitamanegininjin 

パック栽培の第2弾です。

今回はタマネギとニンジンです。

前回は1パックずつで栽培していて

倒れるのが課題だったので

今回は写真のように連結して

倒伏防止策を講じています。

土は農場で作っている育苗用土と

奥のパックは試しに

市販されている用土で栽培しています。

続きを読む "牛乳パック栽培第2弾"

| | コメント (0)

ダイズの様子

091204daizu2 

091204daizu 

12月4日の様子です。

葉が少しずつ落ちています。





091209daizu 

9日の様子。

だいぶ葉が黄色くなってきました。

順調に枯れてきています。

この時期は雨が少ないので

いい感じに仕上がってきています。

このまま収穫まで順調にいってほしいです。

| | コメント (0)

ジャガイモの様子

091202jagaimo 

12月2日のジャガイモの様子です。

少しずつ芽を出してきました。

20日以上経っていたので

出てこないんじゃないかと心配でした。

| | コメント (0)

ダイズの株間の違いによる収量比較

ダイズは今回株間を23㎝と39㎝に設定しています。

それでどれくらい収量が変化するか

枝豆時期に収穫して簡単な調査をしました。

091202daizu

奥の方は少し葉が枯れかかっています。

枝豆としてはギリギリの収穫時期でした。

続きを読む "ダイズの株間の違いによる収量比較"

| | コメント (0)

水稲育種試験二期作の脱穀作業

091130dakkoku 

11月29日の瑞泉郷まつりの興奮も冷めやらぬまま

翌日から水稲育種試験の2期作の脱穀作業が始まりました。

1期よりは量が少ないのですが

行事の前後に稲刈りと脱穀が入るのは

結構ハードスケジュールで参りましたヾ(;´Д`A

続きを読む "水稲育種試験二期作の脱穀作業"

| | コメント (0)

トマトの害虫の天敵

091130tomatogaityuu 

091130tomatogaityuu2 

トマトの葉の裏にこんな感じでくっついています。

意外とあります。

たぶんタマナギンウワバに寄生する

蜂の繭が周りにあるのかな?

| | コメント (0)

高速のトックリキワタが咲いています

091207kiwata 

名護に向かう途中に現在

桜のようにピンクの花を咲かせていて

とてもきれいです。

| | コメント (0)

ミニトマト収穫、販売。

091126minitomatosikakumame 

091206minitomato 

091206minitomato2 

シカクマメはもう終了してしまいましたが

ミニトマトとトマトは元気に育っています。

だいぶ収量も上がってきました。

とはいっても面積が小さいので

大量ではありませんが。。。。

皆さんの期待に応えられるよう

しっかり管理していきます。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »