« 水稲育種試験二期作の脱穀作業 | トップページ | ジャガイモの様子 »

ダイズの株間の違いによる収量比較

ダイズは今回株間を23㎝と39㎝に設定しています。

それでどれくらい収量が変化するか

枝豆時期に収穫して簡単な調査をしました。

091202daizu

奥の方は少し葉が枯れかかっています。

枝豆としてはギリギリの収穫時期でした。

091130edamame40cm

091130edamame40cm2

こっちは株間39㎝の枝豆。

10本とって比較しました。

サヤが3粒のものが意外と多くありました。

見栄えもいい感じです。

脇芽にもサヤが付いているので

1本当たりの収量もいいです。

枝豆で収穫するならこの間隔がいいと思います。







091130edamame23cm

091130edamame23cm2

株間23㎝の枝豆。

2粒が目立ち、枝豆としての見栄えはイマイチ。

密集しているためか脇芽もほとんどなく

1本当たりの収量は39㎝よりも少なく感じます。

ただ収量は同じ10本で100gしか差がなく

計算すると16kgこっちの方が

収量がよいことになります。

枝豆としての見栄えは悪いですが

ダイズとして収穫するには

植え付け本数が多い方が有利なようです。

|

« 水稲育種試験二期作の脱穀作業 | トップページ | ジャガイモの様子 »

無肥料栽培」カテゴリの記事

試験栽培・共同研究」カテゴリの記事

野菜・ダイズ・エダマメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水稲育種試験二期作の脱穀作業 | トップページ | ジャガイモの様子 »