« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の17件の記事

美味しい枝豆のゆで方

枝豆の袋の中に入れた美味しいゆで方を紹介します。

Dsc00268

枝豆を枝から切り取り、洗い流します。

その後、塩を多めの塩でよくもみ、うぶ毛を落とし、そのまま袋に入れて冷蔵庫で2時間以上寝かせて、塩味をしみ込ませます。

塩加減は冷蔵庫に寝かせる時間で調整したほうがいいと思います。

200gの枝豆に大さじ2くらいの塩で3~4時間がいい状態だと思います。

6時間以上寝かせると塩味が強くなり、枝豆の風味が感じられなくなるので気を付けてください。

Dsc00269

たっぷりの沸騰したお湯に、冷蔵庫から取り出した枝豆を洗わずに茹でます。

この時、こすり落としたうぶ毛がアクとして浮いてくるので取り除きました。

気になる方は、さっと洗い流して、お湯に塩を足してからゆでるといいと思います。




Dsc00270

冷たいものを加えるので、いったん温度が下がり、再沸騰します。

その時から3分で火を止め、ざるに取り上げます。

水で洗って冷ますことは絶対にしません。せっかく美味しくゆであがった枝豆が水っぽくなります。

余熱で火が通るので、ちょうどよい硬さになると思います。塩味が足りないという方は、軽く塩を振って調整してくださ。

収穫・出荷調整中は、この方法で4回枝豆をゆでて美味しく頂きました。

美味しい枝豆を手に入れたときに、試してみてください。

| | コメント (1)

枝豆を収穫

6月12日に栽培していた枝豆を全部収穫しました。

収穫期間が短いので、いっきに収穫し出荷しないといけないので大変でした。

Dsc00265

Dsc00266

Dsc00267

続きを読む "枝豆を収穫"

| | コメント (0)

ナンブの栽培を終了

Dsc00262

Dsc00263

6月9日に撮影した麦の様子です。

薄力粉の農林61号とシロガネは収穫しましたが

強力粉のゆきちからとナンブは穂が出なかったので

やっぱり無理だなと思っていたら

5月になって出穂してきたので様子を見ていました。

ゆきちからはナンブより出穂が遅かったので

早めに撤去し、ナンブだけ継続してきました。

穂も膨らんで順調かと思っていたのですが

カメムシが増えて、不稔も多かったので

撤去することにしました。

ダイズの後作だったので

播種が1月になったのが影響しているかもしれません。

11月くらいに播種していれば

もしかしたら収穫できたかも!?

| | コメント (0)

マンゴー農家の見学に行ってきました

Dsc00259

Dsc00260

Dsc00261

マンゴーの誘引がとっても上手な農家さんのところを見学してきました。

誘引も低くしてあって、花吊りを早めにやっていたので

実が真っ赤になっていました。

やっぱりきれいなマンゴーはいいですね!

来年はこんなマンゴーが収穫できるように頑張ろう!

| | コメント (0)

枝豆を収穫、出荷!

Dsc00257

Dsc00258

6月8日に枝豆を収穫していました。

ちょっと早い感じがしたので

あと2~3日置いてから収穫することにしました。

土寄せをしているので泥はねがすごく

洗って乾かしてから出荷という感じなので

作業工程が多くて大変です(;´Д`A ```

このときは少しだったので良かったのですが

あとからとんでもない量になりました。

また後日紹介します。

| | コメント (0)

キュウリを出荷中!

Dsc00256

Dsc00275

キュウリを出荷中です。

栽培期間が短いので節なりの品種を入れたのですが

キズものも多いので、それを売るのが大変です。

昔のキュウリの味がすると評判です。

| | コメント (0)

サツマイモ畑の水はけ改善工事

Dsc00238

6月下旬にサツマイモを植える圃場です。

もともとハウスだったところを露地畑にしたので、

Dsc00237

周りはブロックとU字溝に囲まれているため

水がたまりやすくなっています。

Dsc00240

そこでブロックとコンクリートをはがし

Dsc00245

U字溝も撤去してしまいました。

で、このようにトラクターをかけるための枕地をつくりました。

畝の方向も縦方向から横方向に変更しました。

Dsc00241

道路も土手を削ったので広くなりました。

Dsc00244

こんな感じで、2m以上広くなってます。

削った土は育苗用土の材料にしようと積んであります。

これで水はけは改善されるかな!?

| | コメント (0)

パッションフルーツとグヮバの様子

Dsc00248

パッションフルーツの様子です。

ようやく枝も伸びてきました。

Dsc00249

花も咲き、実も大きいのはこんな感じになってます。

収穫はたぶん8月下旬くらいかな。

Dsc00250

グヮバです。

剪定がいまいちって感じですが。。。

Dsc00251

花も実も付いています。

結構あるので今回は大きなグヮバを食べれるかな!

| | コメント (0)

キュウリの収穫が始まってます!

Dsc00246

Dsc00247

6月4日に撮影しました。

現在はだいぶ大きくなり収量も結構あります。

美味しいキュウリです(*^-^)

| | コメント (0)

小麦の脱穀と麦茶づくり

Dsc00229

先月干していた小麦の脱穀を行いました。

2種類あったので、ちゃんと分けて種として使えるようにしました。

Dsc00230

こっちはシロガネという品種です。

脱穀しやすかったので、こっちを増やそうかな。

Dsc00233

脱穀した小麦です。

この後、トーミにかけてごみを飛ばし

小麦の玄麦だけにします。

Dsc00232

小さいものやはじかれたものは

もったいなかったので炒って麦茶を作ってみました。

Dsc00231

早く飲みたかったので熱いのを飲みました。

玄米茶のような香ばしい香りが口の中に拡がり

とても美味しかったです。

後日冷やして飲んだら麦茶でした。

これはたくさん栽培すると体験学習にできますね!

| | コメント (0)

育苗ハウスをちょっと改装

Dsc00227

改装といってもただ真ん中にあった台を取っ払って

軽トラが入れるようにしただけです。

Dsc00228

あとこっちにあった育苗床を撤去して

亜熱帯果樹を置いてみました。

だいぶ広くなって使いやすくなりました。

| | コメント (0)

エダマメの様子

Dsc00242

Dsc00243

6月2日に撮影しました。

だいぶ莢が膨らんできています。

ただ思ったより背丈が伸びていません。

この環境でこの土にこの品種は合わないのかもしれません。

品種選びも楽じゃないです。ヾ(;´Д`A

まぁ、とりあえず美味しい枝豆がとれるよう見守ります。

| | コメント (0)

循環区のニンジン

Dsc00224

Dsc00225

5月26日に撮影しました。

最後のニンジンを収穫しているところです。

この列だけ品種が異なり

生育が遅かったので今になりました。

前回のものよりも太めで色が若干薄いです。

やっぱり前の品種が味も良くて見た目も良かったです。

ただ腐れはこっちの方が少なかったです。

同じ時無し人参でしたが

ジュースにもできる色の濃い時無し人参の方が

うちの畑でこの時期に適している感じがします。

とはいっても栽培計画を変更したので

しばらくニンジンを栽培することはなさそうですが。。。

| | コメント (0)

水稲の育種試験の様子

Dsc00219

名護市喜瀬のMOA自然農法の水田で行っている試験の様子です。

5月25日に撮影しました。

ここはタカナリ×コガネモチを栽培しています。

5世代目のものを1本ずつ田植えしました。

Dsc00220

1本植えとは思えないほど分けつしています。

Dsc00221

1本1本品種が異なるので

中には茎が赤いものもあります。

毎日散歩している方は背丈も生育状況も

茎の色も違うので何を栽培しているのかと思っていたようですが

たまたま今回会って説明したので納得していました。

Dsc00222

今回来たのは分けつがよいものに棒を立てに来ました。

穂が出て、良いものを最終的には選ぶのですが

分けつが旺盛というのも見逃せないポイントだそうです。

なので今の時期に分けつがいいものに印をしておいて

最終時の目安にしています。

| | コメント (0)

うどんこ対策に成功したカボチャの収穫

5月下旬にカボチャを全て収穫しました。

その後は緑肥を栽培して土づくりを行っています。

Dsc00234

Dsc00235

結構収穫することが出来ましたが、今回カボチャの実の下に

お皿を敷かなかったので、ミミズに穴をあけられているものがたくさんありました。

敷き草をしていたので大丈夫かなと思っていたのですがダメだったようです。

味は良くて美味しかったと言ってもらえたのですが、

中には苦いものもありました。

収穫時期が遅かったのかな。

カボチャは今回やっと成功したので課題も多く見つかりました。

また栽培する機会があったら、この経験を活かしたいと思います。

| | コメント (0)

スイカの定植準備

Dsc00252

コーン栽培の後にスイカを栽培することにしました。

コーンの残さをそのまま残して敷き草にしています。

昨年スイカを栽培した時に、ハウスの両脇にヒマワリを栽培しました。

そしたらハウスの温度が5度くらい低くなりました。

この時期、ハウスの中でスイカを作るのは無謀といってもいいくらい

ハウスの温度が上がるので、今年も両脇にヒマワリを播種しています。

Dsc00253

緑肥用のヒマワリです。

Dsc00254

ヒマワリの代わりにソルゴーを播種しているところもあります。

ヒマワリでなくても、緑肥を栽培していれば水をかけます。

その気化熱で温度が下がるのではないかと思い

敷き草としても利用できるソルゴーを栽培しています。

どこまで大きくなるかが問題ですが、

定植してからも蔓が延びるまで時間がかかるので

意外と大きくなるのではと思っています。

Dsc00255

敷き草に利用できるまで生長してくれれば

外から草を集めてくる必要がなくなるのでいいですよね!

定植準備としては、堆肥はもうすき込んでいるので

あとは海水を散布するだけです。

今週か、来週には定植予定です。

収穫は8月上旬です。

美味しいスイカが収穫できるよう頑張ります。

| | コメント (0)

スイカの苗づくり

Dsc00218

今年のマンゴーの穴埋めをするためにスイカを栽培することにしました。

昨年失敗しましたがいろいろ学んだことがあったので

それを活かして今度こそ成功させたいと思います。

品種は暑さに強い「黒太陽」です。

発芽率も良く98%くらいです。

やっぱりこの方法が発芽率はいい感じです。

Dsc00226

鉢上げも終わり、後は定植の準備です。

続きを読む "スイカの苗づくり"

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »