« メスのクワガタ | トップページ | MOA健康増進セミナーのお知らせ »

品種による塩害の比較!?

Dcim1078

サツマイモを良く見ると塩害がひどいところと

そうでもないところに分かれていました。

農場では現在5品種残っていますが

品種によって塩害に対する強さが違うのか見てみました。

Dcim1079

この2畝は2番のサツマイモ。

左の畝はほとんど葉っぱが残っていないけど

右側は緑の葉っぱが残っています。

Dcim1081

こっちの2畝は3番のサツマイモ。

左より右側が葉っぱが緑色です。

Dcim1082

Dcim1083

この1畝は7番のサツマイモ。

畝の上からツルが通路に落ちて

葉っぱは風の被害を免れたのか緑色。

塩害にも強いのかな。

Dcim1085

この畝は8番のサツマイモ。

ツルが上に伸びているから葉が結構やられています。

Dcim1086

Dcim1087

こっちは13番のサツマイモ。

通路にツルが落ちていて緑色の葉がけっこう残っています。

比較してみると、ツルが早く伸びて這っていたものは

通路に落ちて助かったのではと推察できます。

立性タイプのものは風には弱いのかもしれません。

農場の品種だと2番と3番以外は結構強いかもしれません。

まぁ、3番も緑色の葉っぱは結構残ってはいます。

今後の回復の様子を比較しながら

もう少し選抜してみようかな。

|

« メスのクワガタ | トップページ | MOA健康増進セミナーのお知らせ »

自家採種」カテゴリの記事

野菜・サツマイモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メスのクワガタ | トップページ | MOA健康増進セミナーのお知らせ »