« パパイヤの様子 | トップページ | 系統選抜の株選び »

一気に背が伸びた緑肥

Dcim1409

ソルゴーは野菜吊りのところまで背が伸びてきました。

エダマメを栽培するところは今月中にすき込む予定です。

ピーマンを栽培するところはもう少し引っ張ります。

ソルゴーは繊維が入る心配をしなくていいので

こっちの方が扱いやすいです。

Dcim1410

ヒマワリも一気に背が伸びた感じです。

№3-2の圃場とは生育が全然違います。

コーンの後なので肥料分が残っていたということもありますが

オヒシバがこの畑は少ないのも要因かな!

Dcim1411

事務所前の道路に面している畑やハウスをC棟と呼んでますが

この部分はコーブシ(ハマスゲ)が良く生えます。

コーブシは背が高くならず、ある程度伸びると倒れて土を覆ってくれるので

背の高い作物を栽培する場合は問題ありません。

パパイヤの畑にもびっしり生えています。

モアによる粉砕も容易です。

栽培する作物が葉野菜でなければ

ヤハタ(ムラサキカタバミ)同様、愛すべき雑草です。

|

« パパイヤの様子 | トップページ | 系統選抜の株選び »

ヒマワリ」カテゴリの記事

発酵肥料・用土・土づくり」カテゴリの記事

緑肥・景観作物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パパイヤの様子 | トップページ | 系統選抜の株選び »