« ピーマン苗の様子 | トップページ | コーンの試験栽培 »

ダイズの中耕培土

Dcim1835

23日。ダイズの畑が乾いてきたので中耕培土を行いました。

循環区は還元する有機物が少ないので浅く耕して土づくりを行っています。

炭素循環型農業に似た感じですかね!

Dcim1836

本葉が4枚で1回目の土寄せを行います。

草も少し伸びてきたくらいなので

土をかけることで除草効果も得られます。

Dcim1837

写真は白鶴の子です。

Dcim1838

こんな感じで管理機で畝間を耕していきます。

今回は畝幅を110センチにして機械が入りやすくしました。

持っている機械の幅が小さければもう少し詰められるのですが。。。

Dcim1839

こんな感じです。

通路は80センチあって、管理機の幅が50センチなので

ダイズから15センチくらい離れたところを耕していることになります。

この後、畝立機で土をかけていきます。

ちょっと忙しくて写真を撮るのを忘れたので、後日紹介します。

|

« ピーマン苗の様子 | トップページ | コーンの試験栽培 »

無肥料栽培」カテゴリの記事

自家採種」カテゴリの記事

試験栽培・共同研究」カテゴリの記事

野菜・ダイズ・エダマメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピーマン苗の様子 | トップページ | コーンの試験栽培 »