« 基礎石の抜き取り | トップページ | 色づいてきた稲 »

土壌診断

7月2日に畑の土をパワーショベルで掘り起こして、

下層土がどうなっているか確認を行いました。

ここの畑はもともとピーマン生産団地だったので

アルカリ土壌のジャーガルが客土されているとは聞いていましたが

見た感じ、表層20~30センチで土が入れられていました。

切り土や盛り土の畑も確認することができ、

根伸びを良くするための今後の参考になりました。

見えない下層土の状態を知っておくことは

土づくりを進めるためには大事なことですね。

Img01642

Img01647

Img01653

Img01663

Img01669_2

Img01676

|

« 基礎石の抜き取り | トップページ | 色づいてきた稲 »

発酵肥料・用土・土づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 基礎石の抜き取り | トップページ | 色づいてきた稲 »