カテゴリー「有機農業普及会」の13件の記事

北部農家視察3件目

Dcim1771

最後に同じく津波にある農園を見に行きました。

マンゴーを栽培しています。

Dcim1772

ブログをチェックしている人はこのハウスに見覚えがあるはず!

Dcim1774

Dcim1775

収穫が終わり、今は新芽が固まるのを待っている状態でした。

この新芽を2本くらいに調整します。

Dcim1776

ハウスの中がとてもきれいで、マンゴーも低く仕立ててあるのに

木が元気なので、みんな栽培のコツをたくさん聞いていました。

Dcim1778

これくらい低く仕立てられたら管理がしやすくていいですね!

下草はヨモギなどが生えていました。

ある農家さんからはやっぱり草を選んでいるのですかという質問がありました。

土づくりをしていくと自然と草が変わってきます。

ここの畑は以前も紹介したように雑木のチップを30センチも敷きつめています。

そのためマンゴーの根張りがいいのでしょうね!

ただ何度か紹介していますが、有機物をたくさん敷き詰めると

ヤブガラシがどんどん増えてきます。

ここも農場と同じようにたくさん生えていますが綺麗に管理していました。

こんな風に管理できたらいいな!

| | コメント (0)

北部農家視察2件目

2件目は大宜味村津波の農家さんを訪ねました。

山の上にある見晴らしの良い農園でした。

Dcim1759

Dcim1760

はじめにオクラの畑を見ました。

みんなオクラを栽培していますね。

Dcim1761

5月の台風でやられた後に植え直したそうです。

Dcim1762

市販されている品種とは違い、昔の島オクラと話していました。

そのせいなのか、この時期までずっと花が咲かなかったそうです。

オクラはもともと短日植物なので在来のものはその傾向が強いのではと話していました。

オクラは2月から3月初めに播種しますが

その時はまだ日が短いので、短日処理ができて

早い時期に実をつけるようになるのではないでしょうか。

あと台風9号で被害を受けた時に切り戻しをしておけば

背が低い状態で収穫できたのではとも話していました。

ここもヨコバイが多発していましたね!

Dcim1764

ここは国頭マージという赤土です。

腐植は少ないです。

Dcim1765

パインを栽培していました。

小ぶりだけどとても甘いパインが取れると話していました!

ぜひ一度食べてみたいです!

Dcim1766

農場でもパイン栽培を何度か検討しましたが

雑草対策が問題です。

通常パインは2条植えですが

それだと草取りが難しく大変です。

農場でも写真のように1条植えを検討していました。

Dcim1768

ここは草も大変ですが、一番の問題はイノシシによる被害でした。

ミミズを食べるためほとんどひっくり返されてしまうそうです。

普通のパイン畑では除草剤や化成肥料を使うため

ミミズが少なく被害が少ないと話していました。

電柵やワイヤーメッシュのフェンスなど色々話しましたが

とりあえずは犬を放すことを検討しているそうです。

山の中の農業も大変ですね!

| | コメント (0)

北部の有機農家の圃場視察

9日は北部で有機農業を営んでいる農家3名の圃場を視察しました。

大宜味道の駅を15時に出発し、田嘉里の圃場に向かいました。

この日も10名以上の方々が参加されました。

Dcim1741

自宅で農家さんから栽培の話を聞いて

裏の畑を見せていただきました。

庭もきれいに手入れがされていてとても気持ちが良かったです。

Dcim1743

畑ではゴーヤー、ヘチマ、赤ウリ、オクラ、パパイヤなどが

少しずつ植えてあり、少量多品目栽培を行っていました。

Dcim1745

上の段は果樹が植えてありました。

もちろん大宜味そんなのでシークヮーサーです。

Dcim1748

Dcim1753

家から少し歩いたところにある畑も見せていただきました。

Dcim1752

手前に水路があったのですが、そこの水がとてもきれいで

みな感動していました。

Dcim1750

こんなきれいな水が山からずっと流れているそうです。

とても冷たくて気持ちが良かったです。

小さな水車を作って発電できるんじゃないかと思いました。

本州ではやってるところもあるそうです。

Dcim1754

ハウスの中はマンゴーとハンダマが植えてありました。

Dcim1755

ハンダマは生育が旺盛になると

葉の裏の赤いアントシアンの色が出にくいので

遮光をして生育を少し抑えていました。

とても綺麗に栽培していました。

Dcim1756

最後に自宅の方でお茶とサーターアンダギーをいただいて

次の畑に向かいました。

ありがとうございました。

| | コメント (0)

4番目の圃場視察研修

Dcim1734

4番目はマンゴー生産者の農家を訪ねました。

Dcim1736

ここでは無農薬無化学肥料でマンゴーを生産していました。

今回台風2号の影響で実が汚れてしまい、秀品は少なかったと話していました。

Dcim1737

Dcim1739

上にネットカーテンが張られています。

台風のときにはこのように張ることで風がだいぶ抑えられるようです。

台風9号のときにはカーテンのおかげで被害がほとんどなかったそうです。

Dcim1738

このハウスはキーツマンゴーなので、まだ半分くらい実が残っていました。

もちろんアーウィンも栽培しています。

草を生やしては刈るという方法で土づくりを行っていました。


同じように南部でマンゴー栽培を始めた人から

草を生やす時に選んでいるか質問がありました。

もちろん草を選んでいるのではなく、勝手に生えてきたものを

そのまま生やして利用していますと話していました。

質問した農家さんは、背の高い草が生えて困るので

どうしたら低い草が生えてくるのかと分からないと

私にも質問してきたので、

土づくりをすると草は変化するので、

邪魔な草をどうやってなくすか考えるよりも

土づくりをしっかり進めることが大切と伝えました。

| | コメント (0)

3番目の圃場視察研修

Dcim1733

3番目は糸満市の農家さんでした。

こちらもオクラを栽培している畑を見せていただきました。

Dcim1732

600坪にオクラを栽培していました。

2番目の農家さんとは対照的にちょっと弱々しい感じがしました。

ここは台風被害もあったようですが、栽培方法が大きく異なっていました。

Dcim1728

まず直播ではなく苗を作って定植したこと。

元肥を入れる暇がなかったので追肥で対応したことが大きな違いでした。

そのため弱いオクラとなってしまい、害虫(ヨコバイ)もたくさん発生していました。


しかし、両者のオクラを生で食べ比べてみると甘みが違いました。

はじめは養分の多い少ないが影響しているのかと思いましたが

後で木嶋先生から面白い説明がありました。



植物は双葉の糖度がそのまま実の糖度に影響するそうです。

これは遺伝子がそのように回帰曲線をたどるからと説明していました。

つまり発芽させるときに負荷がかかると

過酷な環境で生きていくために糖を多く作るようなるそうです。


オクラ栽培の2人の違いの中に直播と苗を定植するのがありましたが、

直播だとオクラはすくすく生長し、苗を作った方は直根があまり伸びず

いい環境ではないと判断したので糖度の違いが出たことになります。

農家さんは甘く作ろうと思って苗づくりを行ったわけではないのですが

結果的に甘みが乗り、いい話を聞くことができました。

ただし、甘くするために何でも負荷をかければいいというものではなく、

オクラに甘みはあまり求められないので、

しっかり収穫できる管理が適しているのではと話していました。



農場の野菜が甘いのも少し納得できました(*^-^)

| | コメント (0)

2番目の圃場視察研修

Dcim1720

2番目の西原町で有機農業を営んでいる農家さんを訪ねました。

Dcim1717

ここではオクラを栽培していました。

Dcim1722

こんなにいっぱいのオクラに皆ビックリしていました。

はっきり言ってこれだけ栽培したら大変ですよ!w(゚o゚)w

Dcim1723

2条植えで2~3本立ちの栽培方法でした。

有機物を入れて浅く耕して発酵させる「土ごと発酵」で土づくりを行ったそうです。

Dcim1724

これだけのオクラを管理し続けているので凄いの一言です。

しかも病害虫がほとんどいませんでした。

立派なオクラです。

Dcim1725

生長点付近には白い粒々が見られました。

木嶋先生が話しているのを聞き逃したのですが「ケイ酸」といっていたような。。。

ネットで調べるとオクラのネバネバ成分の「ムチン」と書いていました。

元気なオクラは生長点の近くに、これが見られるそうです。

Dcim1726

このオクラ、収穫するのに3人で5時間かかるそうです。

ある農家さんは「若いからできる」とおっしゃっていました。

出荷作業でも3時間以上はかかるそうなので

いかに大変かが分かります。


みなさん感謝していただきましょう!


あっ、そうそう、こんな話もありました。

沖縄ではオクラをおかずとして食べますが、本州では彩りで使うことが多く

一家庭で100gもあれば十分らしいです。

沖縄のオクラは丸オクラで本州で作られている5角形のものよりも肉厚で、

オクラの味がしっかりします。大きくなっても筋が入りにくい品種なので

ツナとオクラの炒め物だけでも十分な一品になります。

みなさん沖縄の丸オクラをよろしくお願いします。o(*^▽^*)o

| | コメント (0)

沖縄県有機農業普及会の圃場視察研修の様子

今月8日から10日にかけて、沖縄県有機農業普及会圃場視察研修が行われました。

8日の夕方からは勉強会もありました。

今回はHPでもお知らせしたとおり、

MOA自然農法文化事業団の木嶋理事(農学博士)を迎えての研修会でした。

8日は朝から有機農業生産者の圃場を見てまわりました。

マイクロバスも一台準備したのですが乗り切れず

乗用車10台を連ねての視察研修だったので

途中はぐれるなどのトラブルもありましたが

事故もなく無事に終えることができました。

これから何回かに分けて研修の様子をお伝えします。

まずはじめに西原町でバナナ栽培をしている農家を訪ねました。

Dcim1705

Dcim1708

平張りハウスでバナナ栽培をしていました。

品種は3尺バナナです。

島バナナは美味しく値段も高く売れるのですが

病害虫に弱く、有機で収穫するのが難しいので

安定的に収穫できる3尺バナナを栽培しているそうです。

Dcim1710

畑の中はチップが敷き詰められていました。

しっかり管理されているのが分かります。

Dcim1714

バナナは3m間隔ではじめに植えて

2~3本立ちにするので写真のように少しくっついてしまっています。

これだけ茂っていると、影になって草も伸びてきませんね。

Dcim1711

実を保護するためシートをかけていました。

実がすべて上向きになった時にかけるんだったかな?

ちょっとうる覚えですみません。

バナナにはマグネシウムが大事とも言ってました。

Dcim1712

実の一番下は早めに切ると腐りが出てくるため

ある程度してから切り取るそうです。

これくらいだったらもう切っていいって言ってたような。。。

Dcim1713

株は2~3本で、次に収穫するものだけ残し

余計な株はすべて除去していました。


農場ではキャバンディッシュ系を栽培していますが

台風でなかなか収穫できませんが、

ここは台風2号と9号でも大きな被害はなかったそうです。


こんな風に防風対策をしっかりして作れたらいいなと思いました。

| | コメント (0)

沖縄県有機農業普及会研修会のお知らせ

沖縄県有機農業普及会の研修会が9月8日と9日の日程で開催されます。

今回はMOA自然農法文化事業団の木嶋利男理事をお迎えして

圃場視察研修や勉強会が行われます。

詳しい日程は沖縄県有機農業普及会研修会のお知らせをご覧ください。

| | コメント (0)

沖縄県有機農業普及会勉強会の様子

Dvc00071

6月3日に行われた沖縄県有機農業普及会勉強会の様子です。

参加者は約30名でした。

琉球大学農学部教授の諸見里先生が

今回は土の中の微生物の話をしていただきました。

とくに植物と根圏微生物の話が勉強になりました。

私たちも草生栽培を行っているので

根圏微生物の働きは結構注目しているのですが

質疑応答で草生栽培についてどうお考えか質問すると

やり方によってはとてもいい栽培方法だと思うと話されたので良かったです。

やり方というのは、草を短く刈って作物の邪魔にならないようにすること、

アレロパシーの強い草は取り除くことを挙げていました。

参加者からのアンケートには

もっと栽培に直結した講義をしていただきたいとの意見もありますが、

微生物の世界も解明されていない部分が多いですが

栽培には直接関係していることなので大切なことだと思います。

何事もバランスが大事だと思うので、

資材に頼りきった有機栽培にならないよう気をつけないといけないです。

| | コメント (0)

沖縄県有機農業普及会勉強会のご案内

6月3日に第7回「沖縄県有機農業普及会」勉強会が開催されます。

詳しくはこちらをクリックしてください。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

その他の野菜、果樹 | グルメ・クッキング | コンパニオンプランツ(共栄作物) | セミナー、受け入れ等 | デザイン、パネル作成など | ニュース | ヒマワリ | プランター・鉢植え栽培 | ワインやグッズ紹介 | 不耕起栽培 | 体験学習・ボランティア | 収穫体験圃場 | 小麦 | 少量多品目区 | 援農、農地視察 | 播種、育苗 | 教育・研修 | 日記・コラム・つぶやき | 有機農業普及会 | 果樹・アテモヤ | 果樹・グヮバ(バンシルー) | 果樹・コーヒー | 果樹・シークヮーサー、柑橘類 | 果樹・ジャボチカバ | 果樹・ドラゴンフルーツ | 果樹・バナナ | 果樹・パイナップル | 果樹・パッションフルーツ | 果樹・ビワ | 果樹・マンゴー | 水稲栽培 | 浮き桟橋 | 無肥料栽培 | 瑞泉郷まつり | 発酵肥料・用土・土づくり | 石垣瑞泉郷 | 緑肥・景観作物 | 育種試験 | 自家採種 | 自然・生物 | 花づくり・花壇・庭園 | 若者自立塾 | 草生栽培 | 試験栽培・共同研究 | 趣味 | 車関係 | 造成・場内整備、機械・ハウス修理等 | 野菜・その他の葉野菜類 | 野菜・その他の野菜類 | 野菜・アカウリ、赤毛瓜(モーウィ) | 野菜・アマランサス | 野菜・インゲン | 野菜・エアーポテト | 野菜・エンサイ(ウンチェーバー) | 野菜・オカノリ(陸海苔) | 野菜・オクラ | 野菜・カボチャ、ズッキーニ | 野菜・カラシナ(シマナー) | 野菜・キャベツ | 野菜・キュウリ | 野菜・コマツナ | 野菜・ゴボウ | 野菜・サクナ(チョーメーグサ) | 野菜・ササゲ(フーローマメ) | 野菜・サツマイモ | 野菜・サトイモ(チンヌク) | 野菜・サラダ菜 | 野菜・シカクマメ(うりずん豆) | 野菜・シュンギク | 野菜・ショウガ | 野菜・ジャガイモ | 野菜・スイカ | 野菜・スイゼンジナ・キンジソウ(ハンダマ) | 野菜・スイートコーン | 野菜・スナックエンドウ | 野菜・セロリ | 野菜・ソラマメ | 野菜・タケノコイモ | 野菜・タマネギ | 野菜・ダイコン、カブ | 野菜・ダイズ・エダマメ | 野菜・チシャ | 野菜・トウガラシ | 野菜・トウガン(シブイ) | 野菜・トマト・ミニトマト | 野菜・ナス | 野菜・ニガウリ(ゴーヤー) | 野菜・ニガナ(ンジャナー) | 野菜・ニラ・ネギ | 野菜・ニンジン | 野菜・ハクサイ | 野菜・パセリ | 野菜・パパイヤ(パパヤー) | 野菜・ピーマン、シシトウ | 野菜・ヘチマ(ナーベーラー) | 野菜・ホウレンソウ | 野菜・メロン | 野菜・ラッカセイ | 野菜・ラッキョウ | 野菜・レタス | 野菜・ワサビ菜 | 野菜市、野菜販売 | 防風林・境界植物 | 陸稲栽培 | 青少年育成 | 音楽 | 風カルチャークラブ